我が家へようこそ! 私流おもてなし・インテリア・雑貨・衣食住・クラフトなど全14チャンネルでお送りします。おもてなし・テーブルデコレーションは5ch entertainingsをご覧下さい。


by mikity1017
カレンダー

<   2008年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ブログ引っ越します。

これまでエキサイトブログさんにお世話になって参りましたが、
この度BLOGGERさんにお引っ越しすることにしました。
新しいテンプレートでリニューアルした
*Home Sweet Home* From San Francisco
これからもどうぞ宜しくお願い致します!
[PR]
by mikity1017 | 2008-10-20 14:38 | 1ch *Life in S F

三十路突入。

a0062203_9184569.jpg
日本時間の今日、御陰さまで私もとうとう三十路に突入致しました。

確かあれは20歳になって間もない頃。
親友から
「女は30になったら自分の顔に責任を持たなくちゃいけないらしいよ〜」
と言われたことを思い出しました。

これは美容云々の話ではなく、
「これまでの生き様が30歳になった時そのまま顔に現れる」
という意味だと私なりに解釈しています。
30になった今、改めてそう思うとちょっと怖い気もしますが…。

兎にも角にも、仕事→結婚→渡米→2度の出産…と何かと盛り沢山だった20代。
ここまで突っ走って来られたのは、頭の片隅に
「今自分が生きているのは決して当たり前のことではない」
という意識が常にあったからかもしれません。

母が亡くなった時の年齢「38歳」に自分も近づいてきたことに不思議な感覚を覚える今日この頃。
「ひとりの女性として、母親として、悔いのない人生を歩もう。一日一日を大切に生きて行こう!」
と改めて心に誓うことにします。

私を産み、14年の間に大切なことを教えてくれた母、支えてくれている家族や友人達、このブログを応援して下さる方々、これまでの人生で沢山の喜びを与えてくれた神様に感謝。
[PR]
by mikity1017 | 2008-10-17 09:19 | 1ch *Life in S F

新入りの椅子

a0062203_810397.jpg
「我が家に新たに椅子を投入!」と言いたいところなのですが、これはドールハウス用の小さな椅子。
アームチェアにはオットマンまで付いて、本物顔負けの作りです。

ルマージュセール(がらくた市)で出逢って「しまった」ドールハウス家具の数々。
「いつか娘にドールハウスを作ってやろう!」と意気込み、人ごみの中、右手に娘、左手に家具や雑貨をゴッソリ抱えて迷わずレジへ。
こうして新たな趣味の世界に足を踏み入れてしまった訳であります。

ところが。


a0062203_8102274.jpg
当の本人はというと、今のところお兄ちゃんの影響でミニカーに夢中な様子。
一丁前にシャ〜ッ♪と走らせて遊んでいます。


a0062203_8104071.jpg
ドールハウスか車。
果たして娘はこれからどちらの道を歩んで行くのやら…。

どちらにしろ、インテリア好きの私がドールハウスにどっぷりハマってしまうことに変わりはなさそうです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2008-10-16 08:21 | 12ch*antique/vintage
a0062203_948916.jpg
行き場に困った小ぶりのオレンジかぼちゃ。
あちこち彷徨い、最後に落ち着いた場所はデコラティブなプランターの上。
玄関の即席ハロウィーンオブジェとなりました。


a0062203_9485644.jpg
まん丸ミニかぼちゃはソファのサイドテーブルの上に。

ただこのミニかぼちゃ、たまに失踪します。
犯人はうちのチビ達。
気付けばコロコロ転がして遊ばれてます…。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2008-10-15 10:27 | 4ch *shelter〜住〜

アップルクランブル

a0062203_9351016.jpg
今年豊作だった夫の実家の庭のリンゴ。
食べきれない分は手ぬぐいでピッカピカに磨いてダイニングテーブルのセンターピースに。
お腹に入るまでは目で楽しみます。


a0062203_9352830.jpg
今日のおやつは、アップルクランブル。
分厚めのいちょう切りにしたリンゴをココットにたっぷり入れて、グラニュー糖、ブラウンシュガー、バター、小麦粉をフォークの背でクランブル状にしたものをまぶしてオーブンで焼くだけ。
お好みでシナモンを入れてもOK。
熱々で頂くのが断然オススメです。

クレームブリュレの表面をスプーンでカチカチするのも好きだけれど、アップルクランブルの表面をフォークでザクザクするのもたまりません。
中のリンゴは、溶けたバターとお砂糖でしっとりまろやか。
ほっぺたが落ちそうになります。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2008-10-14 09:58 | 3ch *foods〜食〜

美味しそうな○○。

a0062203_1038497.jpg
これは、ハロウィーンの定番お菓子、キャンディーコーン。
ハロウィーンも近いので大量買いしました。


というのは嘘で。。。



a0062203_1039791.jpg
チャララ〜ン♪
作り物のキャンディーコーンを連ねたガーランド(壁飾り)なのです。

本物はコチラ

パッケージを見るなり「早く食べようよ!」と目を輝かせていたチビ太は、作り物だと知るなりガッカリした様子。
まあ、これだけあれば眺めているだけでお腹一杯になるでしょう。

さて、問題はこれを飾る場所。
可愛さと安さ(セールになっていた)に負けて買ってしまったものの、飾るのに良い場所がなかなか思い浮かびません。

家中を徘徊しながら「あーでもない。こーでもない」と考えを巡らせています。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2008-10-13 11:30 | 4ch *shelter〜住〜

積みカボチャ。

a0062203_10381673.jpg
毎朝起きるなり開口一番に
「ママ〜、今日はどこへ行くの?」
と訊いてくるチビ太。
学校のある日はいいのですが、特に予定のない日に
「どこにも行かないよ」
などと言ったものなら、延々「どこか行こうよ〜!」攻撃が始まります。

一人で小さな子供二人連れでの遠出はちょっとした勇気が必要なのですが、休日は混むし…ということで思い切ってHalf Moon Bayのパンプキンパッチへ行くことに。
そういう訳で、写真はヨレヨレになりながら持ち帰ったカボチャ達。
これが重たいのなんのって…。(特に一番下のポッテリ君)

オレンジ色のものが一般的なのですが、今回はちょっと変わり種のカボチャ三色を選んでみました。(変わり種は何故か割高でした…)


a0062203_103965.jpg
これまでは何となく避けていたイボイボカボチャですが、よく見ると味わいがあって結構好きかも。
たかがカボチャですが、毎年選ぶのに拘りが増してきているような…。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2008-10-10 11:28 | 4ch *shelter〜住〜
a0062203_8513763.jpg
大量に余ったパンの耳や固くなったバケットの利用法として、パン粉にしたり甘いブレッドプデイングを作ったり…という手段をこれまで講じてきました。
ところが、ふと「これをランチや晩ご飯の一品に使えないないものか」
と思い立ち、作ったのがこちら。
Savory Bread Pudding/おかず系ブレッドプディング。

要領は普通のブレッドプディングと同じ。
ただ、お砂糖の代わりに塩こしょうが入ります。

リークやタマネギ、マッシュルームをよーく炒めて塩こしょうし、パンの耳と玉子液(牛乳と生クリーム、玉子をかき混ぜたもの)をキャセロールの中で混ぜ合わせます。
(適当に作ったので分量をちゃんと覚えていません)
最後にカリカリに炒めたベーコンとグリュイエールチーズをまぶしてオーブンで焼くことおよそ25分。

立派な一品が出来上がりました。
リサイクル料理と思えない美味しさとボリュームに大満足。
これからの時期にもぴったり。
子供も喜ぶ一品です。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2008-10-09 09:09 | 3ch *foods〜食〜

カップケーキ中毒。

a0062203_10273834.jpg
チビ子の誕生日に続き、チビ太の学校のポットラック用にまたもや大量のカップケーキを焼きました。
今回は生地にブルーベリーとレモンピールを入れました。
学校にはアイシングのない状態で持参したのですが、余ったカップケーキにデコレーションを施してみました。

甘さ控えめのクリームチーズアイシングに、今回は見た目重視で色鮮やかなトッピングを使用。
偶然トッピングの色にぴったりな柄のティッシュを見付けたので組み合わせてみました。

カップケーキの可愛らしさにすっかり魅せられてしまった私。
チビ子の誕生日が終わったというのに、カップケーキの可愛いプレゼン方法を引き続き研究中。
完全に取り憑かれてます…。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2008-10-08 10:55 | 3ch *foods〜食〜

ロバさんの悲しい運命。

a0062203_9192034.jpg
先日ご紹介したロバさんの正体は、「ピニャータ」というメキシコのくす玉人形。
こちらの子供の誕生日会でパーティーの演出としてよく取り入れられます。
予め小さな穴からお菓子を詰め込んでおき、木の枝など高い所から紐でぶら下げ子供達が一人ずつ交代で棒で叩きわる…という仕組みで、日本のスイカ割りによく似ています。
そんな訳で、可愛いロバさんには申し訳ないのですが…

a0062203_8352475.jpg
このような可哀想な運命を辿って頂くこととなりました。
ピニャータからお菓子が飛び出すと、子供達がどっと群がり一瞬で中身は彼等の手中へ。
本当に一瞬の出来事で、その様子をカメラに収める余裕さえありませんでした。

当初夫から
「子供達は同じ場所にいて飽きないのか。風船おじさんでも呼んだ方がいいのでは」などと散々心配されていたのですが、
「これだけの自然に囲まれていたら十分。いざとなれば、私達が日本の昔の遊びを教えてやればいいのよ!」
と私(田舎育ちの元野生児)。
念のため私が絵本の読み聞かせ、夫が芝生で体を動かす遊びを担当したのですが、そんな心配なんのその。
子供達は木の枝を玩具にしたり、山から現れた鹿を観察したり…。
自然の中からも様々な楽しみを発見してくれたようでひと安心です。


人気ブログランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2008-10-07 09:54 | 5ch *entertainings