我が家へようこそ! 私流おもてなし・インテリア・雑貨・衣食住・クラフトなど全14チャンネルでお送りします。おもてなし・テーブルデコレーションは5ch entertainingsをご覧下さい。


by mikity1017
カレンダー

<   2007年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

私の鉄分補給法

a0062203_10464017.jpg
レバー嫌いの私が何とかレバーを美味しく食べてやろうと色々と試した結果生まれた特製レバーパテ。
一人目の子を妊娠している時の鉄分補給手段でした。


a0062203_1047827.jpg
鶏レバーと玉葱のみじん切りをオリーブオイルでソテーした後ブランデーを入れ、アルコールが飛んだところで生クリームやバターをたっぷり入れてフードプロセッサーでペースト状に。
(すみません、分量はいつも適当です。。。)
ブランデーが入ることで臭みが消え、食べ易くなりました。

a0062203_10474650.jpg
「これはワインに合う」という夫の一言で試しに夫の実家にもお裾分けしたところ、ワイン好きの義父にも気に入って貰えた一品。
息子もこれが大好きで、よくサンドウィッチにして食べさせています。


a0062203_10491590.jpg
勿論ワインのお供にもオススメなのですが、私はクランベリージュースと一緒に。
ビタミンCを一緒に採ることで鉄分の吸収を高めます。
日本にいた時は、アセロラドリンクの瓶タイプ(果汁80%のもの)を箱買いして飲んでいましたが、こちらでは手に入らないのでクランベリージュースをよく飲んでいます。
クランベリージュースは、こちらではオレンジジュースやアップルジュースと並ぶ程ポピュラーなジュース。
腎臓の働きをよくしてくれる作用もあるそうです。
人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2007-02-28 11:20 | 3ch *foods〜食〜

マーマレード

a0062203_1144415.jpg

明け方4時に目が覚め、薄暗いキッチンでひたすらオレンジを剥き、皮を黙々と刻み・・・
部屋中にオレンジの香りが充満し、とても清々しい気分に。
「オレンジの香りのする朝のダイニングって爽やかでいいものね♪」と思いながら煮ることおよそ2時間。
先日ご紹介した夫の実家の庭で採れたオレンジはマーマレードになりました。

オレンジの皮まで楽しむ方法として、以前ご紹介したクレープシュゼットもおすすめ。
ブログを見た友人から
「オランジェット(オレンジを輪切りにしてオーブンで乾燥させ、チョコレートをコーティングさせる)とかはどう?」
というかなりそそられる提案も貰ったのですが、時既に遅し。
残り全てのオレンジがジャムに化けた後でした。
次回はオランジェットに挑戦してみます。


a0062203_11454252.jpg
朝食のお供にパンやスコーンと頂くのもいいのですが、私はクラッカー(Ritz!)にクリームチーズを塗ってマーマレードを乗せて食べるのがお気に入り。
アメリカには他にも様々な種類のクラッカーがあるのですが、程よく塩気のあるリッツがマーマレードの甘さを引き立ててくれて一番相性が合うような気がします。

人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2007-02-27 11:58 | 3ch *foods〜食〜
a0062203_1424597.jpg

サンフランシスコは今日も雨。
雨の降る日は家の中で温かいスープや煮込み料理が食べたくなります。
今日のメニューは鶏肉と林檎のノルマンディー風スープ。
ル・クルーゼで具材がくたくたになるまで煮込みます。
カルヴァドス(ノルマンディー地方のお酒)でソテーした鶏肉、林檎、たまねぎ、ローリエをコトコト煮込み、塩こしょうで味付けしただけのシンプルなスープ。
鶏から出るスープの旨味に林檎の甘味と酸味が程よく合わさって、口にした瞬間心がほっこり。
風邪ひきさんにもオススメのスープです。

このままでも十分美味しいのですが・・・


a0062203_11404838.jpg
これにcreme fraiche(フランスのサワークリームのような乳製品。乳脂肪分が生クリームよりも高い)を加えると更にコクが出てひと味違う仕上がりに。
勿論生クリームやサワークリームを加えても美味しく頂けます。
a0062203_11414737.jpg


人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2007-02-26 14:32 | 3ch *foods〜食〜

魔法のケシゴム

a0062203_12402214.jpg
アメリカに来て出逢った優れものアイテム、
Mr.Cleanの Magic Eraser
その名の通り、魔法のケシゴムの如く汚れを落としてくれるスポンジ。
キメの細かい真っ白のスポンジを水に浸し、軽く絞ってから汚れた部分を軽くこするとみるみるうちに汚れが落ちるのです。
ポットの茶渋も冷蔵庫や食洗機の手垢もシンクのステンレスもこれで磨けば面白い程ピカピカに!
我が家のキッチンは白い場所が多いので、とても重宝しています。
擦っているうちに消しゴムのようにカスが出るので、スポンジがすり減ってボロボロになったらゴミ箱へ。

これは日本へのお土産にも喜ばれそうです!
持ち帰るの際に軽いのも嬉しいポイント。
日本でも最近はインターネットなどで販売されているという噂を聞いた事があるので、もうご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが・・・。


人気blogランキングへ


[PR]
by mikity1017 | 2007-02-25 13:11 | 4ch *shelter〜住〜

庭のオレンジ

a0062203_9254412.jpg
夫の実家の庭で採れたオレンジをお裾分けして貰いました。
少し小ぶりですがとても瑞々しく、味も売り物に負けません。
そのまま食べても勿論美味しいのですが、無農薬なので皮まで楽しめる食べ方を思案中。

人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2007-02-24 09:31 | 1ch *Life in S F  

てんとう虫の長靴

a0062203_11273053.jpg
一時は渇水が心配されたものの、無事本格的な雨期を迎えたカリフォルニア。

水が大好きな息子は、運動靴でも平気で水たまりの中をピチャピチャ。
そろそろてんとう虫の長靴の出番か!?
と思ったのですが、まだ少し大きいので来年までお預けになりそうです。

ちなみに、これは義妹から息子への誕生日プレゼント。
kidorableというメーカーのもので、てんとう虫の他にもカエルやミツバチなどの雨具があるようです。
子供部屋のインテリアとして飾っていても可愛いかも!


人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2007-02-23 12:03 | 7ch *motherhood

我が道を行く

a0062203_9292070.jpg
市内を歩いていると、毎回面白い人とすれ違う。
例えば、何とも個性的な車に乗ったこのおじさん。
車のバンパー一面にサンフランシスコの名所がペイントされ、天井にはなぜかトロピカルなデコレーションが施されています。

きっとこの人は一生この車に乗り続け、自らも「サンフランシスコの名物」になろうとしているのでしょう。
レンズを向けると、ご機嫌にVサイン。

好きだな〜、こういう人・・・。
まさに「我が道を行く」といった感じ。

そういえば、昔大阪で全身阪神ターガースルックにタイガースのデコレーションを施した自転車で普通に街を走っているおじさんがいたっけ・・・。

彼等に通ずるもの・・・
それは、「一度きりの人生、楽しんでなんぼ」という精神なのかもしれません。

人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2007-02-22 11:31 | 1ch *Life in S F  

The Palace Hotel

a0062203_1124470.jpg
前の日曜日、息子を夫に託して一人で市内へ。
以前ご紹介したカード地図を一枚片手にユニオンスクエア界隈をちょっと散策してみました。
辿り付いた場所の中で、最も素敵だった場所がここ「The Palace Hotel」


a0062203_1131049.jpg

創業1875年。
市内で最も歴史由緒あるホテルです。


a0062203_1133580.jpg
圧巻だったのが、レストラン「ガーデンコート」のステンドグラス!
この時は丁度黄昏時。
シャンデリアの灯りで浮かび上がる空間が何とも幻想的で、思わず息を呑んでしまいました。
このガーデンコートでは、土曜日にはハイティー、日曜日にはブランチを楽しむことが出来るそうです。

特別な日にちょっとお洒落して出掛けたい場所です。

The Palace Hotel
2 New Montgomery Street,
San Francisco, CA 94105-3402
Tel: (415) 512-1111
Fax: (415) 243-8062
http://www.sfpalace.com/


[PR]
by mikity1017 | 2007-02-21 11:34 | 1ch *Life in S F  

CLIFF HOUSE②

a0062203_7553584.jpg
オーシャンビーチで今現在営業されているCLIFF HOUSE
先日まで暫く降り続いた雨も止み、この日は快晴。
大勢の人達がこの辺りのビーチを散策していました。


a0062203_7561052.jpg
白亜の建物と青空のコントラスト。
それにしてもカリフォルニアの空は青い・・・。

それでは、早速中へ潜入です。


a0062203_7562632.jpga0062203_7564277.jpg
a0062203_757014.jpga0062203_7571862.jpg
中のビストロでは太平洋を眺めながらブランチやディナー を楽しむことが出来ます。
ここからは夕日も綺麗に見えるのだそう。
中には昔のクリフハウスの壁の一部やメニューも飾られています。
壁に掛かっているモノクロの肖像写真はかつてここを訪れた往年のスター達。
そう、ここはマーク トゥエインをはじめとする著名人や大統領もランチに訪れたことのある由緒あるお店。
かといって格式張った感じではなく、とてもカジュアルな雰囲気です。

a0062203_7573367.jpga0062203_7575539.jpg
お料理はサンフランシスコならではのメニューがズラリ。
ダンジェネスクラブをはじめとする地元の素材を取り入れたオムレツやクラムチャウダーなど。
私がオーダーしたのは、The Johnson Omelet。
アボカドとダンジェネスクラブ(サンフランシスコ名物の蟹)の入ったオムレツの上にサワークリームが添えられています。
オムレツの中には蟹の身が「これでもか」という程入っていてビックリ!
各テーブルに配られるパンは、恐らくこの店のオリジナル。
珍しいパフ状のパン(シュー生地のよう)で、これがつい病み付きになってしまう美味しさ。


a0062203_758191.jpg
窓のすぐ傍にはシールロック!

「サンフランシスコらしさ」をとことん味わえるお店なので、日本から知人が訪れた際の案内先リストに加える事に。
次は夕暮れ時に来たいな・・・。

1090 Point Lobos,
San Francisco, CA
94121

Phone 415-386-3330
Fax 415-387-7837
http://www.cliffhouse.com/index.htm
人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2007-02-20 08:42 | 1ch *Life in S F  

CLIFF HOUSE

a0062203_9504896.jpg
以前ご紹介したおよそ100年前のCLIFF HOUSE クリフハウス。
この建物は1906年のサンフランシスコ大地震に耐えたものの、1907年には火事で消失。
僅か11年しか存在しなかった今となっては幻の建造物です。

さて、この場所は今どのようになっているのでしょうか?
早速行って来ました。


a0062203_951624.jpg
こちらが今現在のCLIFF HOUSE。
100年前のあの建物のような絢爛さはありませんが、時代の変遷と共にその姿を変え、今はレストランとしてサンフランシスコ市民の憩いの場所となっています。
今のこの建物は、2003年にリニューアルされたもの。


a0062203_9512730.jpg
ちなみに、こちらは1949年にリモデルされた建物。
エステートセールで偶然見付けたポストカードです。


a0062203_9514690.jpg
クリフハウスのすぐ傍、オーシャンビーチの沖に聳える岩礁、シールロック。
大地震の前はこの上でアザラシ達が戯れる姿を臨むことが出来たそうですが、今はその殆どがフィッシャーマンズワーフに移動してしまったそうです。



a0062203_9521612.jpg
Sutro Baths。
100年前巨大屋内プールだった場所です。


a0062203_9523958.jpg

当時の様子です。
よく見ると、まるで貯水池のようなプール・・・。

次回はクリフハウスの中をご紹介します♪

人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2007-02-18 10:49 | 1ch *Life in S F