我が家へようこそ! 私流おもてなし・インテリア・雑貨・衣食住・クラフトなど全14チャンネルでお送りします。おもてなし・テーブルデコレーションは5ch entertainingsをご覧下さい。


by mikity1017
カレンダー

<   2006年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

豹柄のコート☆

a0062203_15493876.jpg
夫からのクリスマスプレゼントに添えられていたカード。
豹柄コートの余りにもの可愛らしさに、思わず「きゃわい~!!」と叫んでしまいました・・・。

ちなみに、プレゼントをラッピングしている紙も豹柄。
どうやら私の大好きな雑貨屋さんで買ってくれたようです。



a0062203_15533259.jpg
中身は、一風変わった壁掛け。
マグネットの板が綺麗な紙でコーティングされていて(これもカルトナージュ?)、付属の小さなマグネットで写真やカードを貼り付ける仕組みになっています。

どこの壁に飾ろうか考え中です。

人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2006-12-31 16:12 | 9ch *my favorite

ヴィタメール

a0062203_1183881.jpg
神戸に、ベルギーの洋菓子店ヴィタメールのカフェが出来ていました。

ここのケーキは以前から気に入っていたので、ここでゆっくりお茶・・・
といきたいところでしたが、一人&子連れだったので断念。

お土産だけ買って帰ることに。

ここの紙袋もお洒落で好きです。



a0062203_1192188.jpg


人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2006-12-30 11:14 | 13ch*japan

京都でお散歩

a0062203_1217028.jpg


京都でお散歩
京都花見小路をお散歩。
お茶屋さんが軒を連ねるこの辺りは、京都ならではの風景を楽しむことが出来ます。

a0062203_1220348.jpg

白川に掛かる巽橋もお馴染みの撮影スポット。


a0062203_122265.jpg


京都で一番美しい川と言われる白川。
以前乗車したタクシーの運転手さんは、この白川にタバコをポイ捨てする若者を見て
「京都で一番綺麗な川で何しおるんや!?」
と怒鳴ったことがあるそうで、その若者は素直に「すみません」と謝罪したそうです。

京都の美しい町並みは地元を愛する京都の人々によって守られているのだということを、この川を見ながらつくづく実感しました。

人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2006-12-29 12:26 | 13ch*japan
a0062203_953397.jpg
目の覚めるような鮮やかな色彩の蓮の絵。


a0062203_955099.jpg
実はこちらの絵、京都の三条近くにある青蓮院というお寺の襖絵なのです。

木村英輝さんという画家によるもので、アクリルやネオカラーで描かれています。
日本ではあまり見られない色使いと躍動感、斬新さに、目にした瞬間思わず息を呑み、すっかり惹き込まれてしまいました。


a0062203_98328.jpga0062203_985371.jpg
a0062203_910972.jpga0062203_9114353.jpg

孔雀の襖絵は、今にも飛び出してきそう!

青蓮院は、皇室とのゆかりも深い格調あるお寺で、歴代天皇の位牌も奉られています。


a0062203_9124861.jpg
樹齢800年の楠の木もここのみどころの一つ。
枝が広がり、とても迫力があります。
人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2006-12-27 09:12 | 13ch*japan
a0062203_1412468.jpg

京都 麩屋町にある「柊家」。
川端康成も愛したといわれる、京都の老舗旅館です。

先日夫の家族との小旅行で初めて柊屋を訪れたのですが、ここで「おもてなしの真髄」に触れ、一生忘れられない一日を過ごしました。

写真は、柊屋の玄関。
打ち水された玄関の石畳には明かりが反射して輝き、何とも言えない風情が漂います。
お香の優しい香りに包まれて上がり框へ進むと・・・



a0062203_1364440.jpga0062203_137163.jpg
“来者如帰”という言葉で迎えられます。
来る者、帰るが如し。
この言葉には、「まるで自分の家に帰って来たかのようにお寛ぎ下さい」という意味が込められています。



a0062203_1374272.jpg
湯飲み茶碗、浴衣、手鏡・・・
部屋のあらゆる小物に柊の葉が施されています。



a0062203_1375968.jpga0062203_1384791.jpg
a0062203_14261.jpga0062203_1422337.jpg
部屋に通されると、槇の木のお風呂には井戸水のお湯が張られ、冬至にちなんで柚子が用意されていました。

江戸末期 文政の時代から続く旅館だけあって、建物の中にいると歴史の重みが感じられます。



a0062203_1445762.jpga0062203_1451889.jpg

a0062203_3162220.jpg

夕食は、今年出来たばかりの大広間で京会席料理を頂きました。
お料理はどれも絶品。
何皿も頂いて満足感はあるのに食後胃がもたれることが全くなく、次の日の朝はお腹が丁度いい具合に空いて朝ごはんがまた美味しく食べられました。

さて、この大広間は三方ガラス張りで柱のない変わった構造。
若手建築家 道田淳さんによる設計です。
大広間へと続く廊下の床、そして大広間に設けられた大きな舞台には、古い建物にも馴染むよう漆が使われています。
大舞台では、舞妓さんが舞うこともあるそうです。
古く美しいものを守りながら新しいものも積極的に取り入れてゆく・・・
柊家には、そんな懐の広さも感じます。

「京都の老舗旅館」と聞いてはじめは少し緊張していましたが、お母さんのような女中さんや気さくで笑顔の素敵な女将さんとのやりとりの中で緊張がほぐれ、本当に心地の良いひとときを過ごすことが出来ました。

今回の旅は、「おもてなし」について深く考えさせられる旅でした。


人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2006-12-26 07:49 | 13ch*japan

snowmans

a0062203_2137586.jpg
この時期にぴったりな愛らしいスノーマン達。
スプレッダーといって、ジャムやバター、チーズ、ペーストなどを塗る時に使います。
アメリカで購入したもので、今回帰省する際のお土産としても配りました。

普通のバターナイフに比べてヘラの部分が広いので塗り易い上、持ち手も見栄えがするので、この時期パーティーでおもてなしをする時にも活躍してくれそうです。
朝食のテーブルで数種類のジャムの瓶からこのスノーマン達が飛び出している状態も可愛いかも♪

スノーマンに限らず、アメリカにはこうした持ち手の洒落たスプレッダーが4~5本セットでよく売られています。
これならあまり嵩張りませんし、アメリカのお土産にお勧めです。

人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2006-12-24 22:41 | 9ch *my favorite

クリスマスのテーブル

a0062203_12582615.jpg
実家のダイニングテーブルを使ってのクリスマスの演出。
結構大きなテーブルなので、センターピースも大きめにしてみました。

a0062203_12583478.jpg
お花は、聖書によく登場するザクロ、月桂樹、バラを取り入れました。
(中学時代の宗教の授業の研究テーマが「聖書の中の植物」だったのです)
テーマカラーは、深めの赤、シックなオレンジ色、緑、ゴールドといったぬくもりを感じる色に。
テーブルの色にも合わせてみました。

a0062203_12584568.jpga0062203_1259213.jpg
a0062203_12591582.jpga0062203_12592841.jpg

この日のメニューは、ベビーリーフとアスパラ、トマトのサラダ(赤と緑でクリスマスらしく)、近所の美味しいパン屋さんピエールのパン、マッシュルームと舞茸のスープ、神戸牛のサーロインステーキ・マディラソース、ローストポテト&ガーリックwithローズマリー。

折角関西に帰ってきたので、地元の美味しいものを!と奮発して購入した兵庫県産神戸牛。
いいお肉は美味しいソースで食べたい!ということで初めて挑戦したマディラソースも無事成功!美味しく頂きました。


a0062203_12594239.jpga0062203_12595763.jpg

デザートのケーキはマロンクリームを巻き込んだブッシュ・ド・ノエル(クリスマスの丸太という意味です)

ブッシュ・ド・ノエルは時間がなかったこともあり、装飾は諦めて粉砂糖で雪を降らせただけ。
「いかにも丸太!」という感じの仕上がりですが、これはこれでシンプルで可愛いかも!?

皆に喜んでもらえたようで一安心。
これでちょっとは親孝行出来たかな・・・。


a0062203_1301819.jpg
こちらの箱は、義母からのチョコレート。
ラッピングがクリスマスらしく可愛かったので、お花と一緒にディスプレイしてみました。

寒い日が続きますが、皆さんもお体に気を付けて素敵なクリスマスをお過ごし下さい。

人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2006-12-23 13:06 | 5ch *entertainings

今回の食材

a0062203_10223621.jpg
もうすぐクリスマスということで、今晩は久し振りにおもてなしのテーブルを作ります。
昨日はそこで使う食材を探し求めて一日中走り回っていました。

今回は、兵庫県産神戸牛をマディラソースで・・・。
と思ったのですが、ベルギーエシャロットとマディラ酒が見当たらず、気付けばベビーカーを押して電車に乗っていました・・・。

「他に沢山食べ方があるでしょ」
と言われそうなのですが、一旦やると決めたら諦められない性質なんです。

デパートでベルギーエシャロットらしきものが!と思ってよくよく見るとペコロス・・・。
「似てるならペコロスでいいでしょ」
と思われそうですが、これが全く別物。
ベルギーエシャロット特有の香りはマディラソースを作る際に重要な役割を果たすのです。

電車に揺られることおよそ30分。
ikariスーパーでベルギーエシャロットを発見!
流石イカリさん。

ところが、デパートにもイカリさんにもマディラ酒がないっ!
そこで、イカリさんから徒歩5分のところにあるリカーショップ センチュリーへ。
実は学生時代にこの界隈のカフェでアルバイトをしていたこともあり、いつしか当時のおつかいコースに。
私が働いていた店は別の店になっていましたが、その下にあるセンチュリーはそのままで、総支配人さんの顔も懐かしかった・・・。
そして漸く見つけました!
マディラワイン!しかも3種類も!

センチュリーさんはワインの品揃えも多く、サービスも抜群。
思い出のワインや、生まれ年のワインを探してくれるという粋なサービスもされています。
メンバー登録をすると、芦屋苦楽園界隈のお勧めレストランリストも貰えて、ちょっと得した気分♪

今晩日本に帰省する夫(一ヶ月以上アメリカに放置していた)にデートの店の予約を任されているので、早速活用します。

人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2006-12-21 10:40 | 3ch *foods〜食〜

私の教科書

a0062203_13472560.jpg
無料で貰って捨てられないもの・・・
Blumarineのカタログ。

実家の私の荷物の中から出てきた数年前のものですが、とっくに終わってしまったシーズンのものであるにもかかわらず、かなり見応えがありました。

洋服そのものだけでなく、それを引き立てるディスプレイ、撮影場所となっている部屋のインテリア、写真の構図・・・全てが美しく、女心をくすぐる演出。
写真だけでなく、装丁もしっかりしていてとても綺麗。
これは「立派な写真集」といっても過言ではありません。


a0062203_13474466.jpg
こちらは先日うちのポストに入っていたクリスマスカード。
かなり厚手で上質のカードにプリントされた素敵な写真。
はて、どなたから?

と思って裏を見ると、片隅にGLOBE TROTTERのロゴ。
スーツケースのお店から届いたクリスマスカードです。

写真の赤いサンタの手には、グローブトロッターのスーツケース。
さりげないアピールに一言。

やられました・・・。

今年から、部屋のクリスマスディスプレイの一つとして仲間入りさせます。

カタログにクリスマスカード、どちらも広告ですが、そのクオリティの高さから愛着を持たずにはいられません。

捨てられずに顧客の生活に溶け込んでしまう広告。
「これからもずっと愛され続けたい」というブランドの意地すら感じてしまいます。


人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2006-12-19 14:05 | 9ch *my favorite

天然酵母パン

a0062203_1571819.jpg

美味しい和食の店はご飯にこだわるといいますが、美味しいフレンチの店はパンにこだわっているのかもしれません。

これは前回ご紹介したdel cook自家製のパン。
コースの中で出されたパンですが、購入することも出来ます。
手前はくるみブレッドで、奥は天然酵母を使ったライ麦パン。
もっちりとした食感で、噛めば噛むほど口いっぱいに素朴な味わいが・・・。

ディナーの翌朝は贅沢な朝ごはんになりました。

人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2006-12-18 15:19 | 3ch *foods〜食〜