我が家へようこそ! 私流おもてなし・インテリア・雑貨・衣食住・クラフトなど全14チャンネルでお送りします。おもてなし・テーブルデコレーションは5ch entertainingsをご覧下さい。


by mikity1017
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:6ch *wedding( 10 )

a0062203_8173770.jpg
お土産に頂いた装花を眺めつつ、数日間結婚式の余韻に浸っていました。

a0062203_8182589.jpga0062203_818504.jpg
a0062203_8192189.jpga0062203_8193840.jpg
テーブルセッティングのひとつとして各席に置かれたゴディバの白い小箱。
中から出て来たのは、ウェディングケーキ型のチョコレート。
食べるのが勿体ない可愛らしさです。

そして、ナパらしいワインのお土産も。
ラベルのデザインは勿論Mちゃんによるもの。

彼女がデザインしたペーパー類一式は、これもまた彼女がデザインした缶の中に大切に収納。
一番大きなメニューの紙も見事にピッタリ収まって、なんだか嬉しい…。

人気ブログランキングへ


[PR]
by mikity1017 | 2008-07-08 08:38 | 6ch *wedding
a0062203_14571444.jpg
パーティー会場はこちらの洞窟。
他のゲストの顔が見え易い長テーブルの席だったこともあってか、初対面の人とも和気あいあいと話し易い雰囲気でした。


a0062203_14573898.jpg
大量に用意された極太キャンドル。
キャンドルの灯りって、やっぱり落ち着きます。



a0062203_1458597.jpga0062203_14582366.jpg
a0062203_14584079.jpga0062203_14585957.jpg
シュガーペーストの芍薬があしらわれたウェディングケーキがカワイ過ぎる!!
通常は宿泊客しか食べられないのですが、ここはお料理にも定評があります。
a0062203_14593144.jpga0062203_14595136.jpg
パーティーを盛り上げるアイテムとして導入されたプリクラブース。
まさか花嫁さんとプリクラが撮れるとは!!
会場には7人の子供達がいたのですが、彼等も大はしゃぎで楽しんでいました。

アットホームで心温まる結婚式。
幸せいっぱいの新郎新婦を見ていると、こちらまでハッピーな気分に。
夢のような世界に案内してくれたMちゃん、本当に有り難う!!
そして、本当に本当におめでとう!!!

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2008-07-07 16:15 | 6ch *wedding
a0062203_13303898.jpg
今回の小旅行のメインイベントは、友人Mちゃんの結婚式。
場所はオーベルジュ系列のCalistoga Ranch
式はここのプールサイドで行われました。

a0062203_13314731.jpga0062203_1332669.jpg
豊かな自然に溶け込むように佇むホテル。
そこに居るだけで心から癒されます。
その為か、前日から宿泊していた花嫁のMちゃんは全く緊張しなかったそうです。


a0062203_13311342.jpg
花が咲き乱れ、燦々と降り注ぐ太陽が眩しい日曜日の午後。


a0062203_13322434.jpga0062203_1332454.jpg
a0062203_1333614.jpga0062203_13332935.jpg
なぜか個人的にミラクルな出来事の連続で終止夢見心地だったこの日。
数日前にこのブログ上で妄想していたまさにそのブーケを携えたMちゃんが現れ、私が自分の結婚式にも使った大好きな曲マスカーニの『カヴァレリア ルスティカーナ』が流れ始めた時は、感動で鳥肌が立ちそうになってしまいました。

その上、会場では私の旧姓と同姓同名の同い年の女性と対面。
「新旧うえやまみき」が揃ったかと思えば、彼女の旦那様と私の夫が同じ高校の同級生しかも同じ部活で13年ぶりの再会を果たすことになるとは…。

実は中高時代、同級生にもう一人私と同姓同名の子がいて、彼女も現在アメリカ在住。
「うえやまみき」という名前の人間は、海外逃亡癖があるのでしょうか…。

こんな事ってあるんですね。
「うえやま」って、そこまでポピュラーな苗字ではないと思うのですが。
いつか「新旧うえやまみきの会」でも結成しちゃおうかな。。。

こうした神聖な場所では不思議なことが起こり易いのかもしれませんね。


素敵なステキなナパの結婚式、次回はパーティー編です。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2008-07-04 15:21 | 6ch *wedding

結婚式の招待状

a0062203_7561067.jpg
今週末は友人Mちゃんの結婚式。
前日は別の集まりがあるので、前日からナパ入りする予定。

そういう訳で、そろそろ旅の荷造りを始めます。
上の写真は、当日絶対に忘れてはならないもの。


a0062203_7573349.jpg
グラフィックデザイナーの彼女が自らデザインした招待状です。

活版印刷で一枚一枚丁寧に印刷された招待状。
素敵すぎて溜め息がでそう…。
彼女の魂が込められたひとつの「作品」です。

彼女がデザインしたウィリアムズソノマのペパーミントバークの缶の中に、大切に保管することにします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2008-06-27 08:47 | 6ch *wedding
a0062203_15443314.jpg

ウェディングシーズンということで、アメリカのケーキ屋さんのショーウィンドウには素敵なウェディングケーキがディスプレイされています。

こちらのケーキは近所のダウンタウンのケーキ店にディスプレイされていたもの。
リボン使いがなんともキュート!!

アメリカのイベントに登場するケーキは、味よりも基本的に見た目勝負なところがあるような気がします。
(勿論ルックス、味共にハイレベルなものもありますが)

子供のバースデーケーキも色紅てんこ盛りのカラフルなものが多いですし(たまにギョっとすることも・・・)、ウェディングケーキもシュガークラフトのデコラティブなものが今の流行りのようです。

デコラティブなウェディングケーキといえば・・・!!
アメリカで今最も注目されているパティシエの一人、Colette Peters
(※上の写真のケーキとは全く関係ありません)

彼女はフードチャンネル主催のデコレーションケーキのコンテストで見事優勝。
まるで『不思議の国のアイス』に出て来そうな彼女のデコレーションケーキは、パステルカラーのアイシングや飴細工をふんだんに使った遊び心溢れるデザインで女性達のハートを鷲掴みにしています。

上記の彼女の名前の部分をクリックして、是非ウェブサイトをご覧下さい!

来月あたりから、私もシュガークラフトのクラスを取ってみようかと思っています。


人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2006-06-27 16:09 | 6ch *wedding
a0062203_15264392.jpg

私のネイルカラーコレクション。
アメリカのOPIというメーカーのものです。
OPIのものは発色が良く、色のバリエーションも豊富です。
といってもご覧の通り、私の手持ちのものはピンク系やベージュ系が殆どですが・・・。

OPIのもう一つの魅力は、一つ一つの色に付けられたユニークなネーミング。

Aphrodite's Pink Nightie(美の女神アフロディテのピンクの寝間着)
I'm a Princess, You 're Not!(私はお姫様。あなたは違う!)
Japanese Rose Garden (日本のバラ園)
Kyoto Pearl(京都の真珠)・・・
といった具合に、日本にちなんだ名前もあります。


a0062203_15265639.jpg

こちらはウェディングネイルにお勧めの色。
左から、Your Royal Shyness (内気な女王様?)、Italian Love Affair(イタリア流の恋orイタリアの恋の情事?)、 My Daddy's The King (私のパパは王様)、Kiss the Bride (花嫁にキスを)。

一番左のYour Royal ShynessとMy Daddy's The Kingは新色のプリンセスチャーミングシリーズ

左から2番目のitalian Love Affairは、マドンナが結婚式に付けたといわれている色でとても可愛いピンクです。


a0062203_15272985.jpg


私が本番で付けた色は・・・
Kiss The Bride
だった筈。

独身時代に散々集めたネイル達ですが、今は家事や子育てに明け暮れる毎日でネイルもすっかりご無沙汰に・・・。
旅行の時やちょっとお洒落して外食する時位しか塗らなくなりました。

今度の金曜日はチビを預けてお出かけディナー。
久し振りにネイルケアでもしようっと♪


人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2006-06-22 16:27 | 6ch *wedding
写真をコラージュして自分だけのアルバムを作るスクラップブッキング。
結婚式の正式なアルバムは専門の業者にお願いして作ったのですが、余った写真でスクラップブッキングのアルバムを作ることにしました。
とはいっても自己流なのですが・・・。

a0062203_15563332.jpg

a0062203_15571790.jpg

a0062203_15573061.jpg


ここカリフォルニアはスクラップブッキング発祥の地。
専用の可愛いシールや紙が手に入り易いので、あれこれ選ぶのも楽しみの一つです。

なるべく写真にハサミを入れたくなかったので、コーナーを使いました。
マニアの方はもっと凝りに凝った作品を作られますが、今回はアンナ グリフィンの紙を使ってシンプルに仕上げました。
(ただの面倒臭がりなだけなのですが)
アンナ グリフィンの紙は上品な色や柄が多いので気に入っています。


a0062203_1623156.jpga0062203_16233896.jpg
a0062203_16235469.jpga0062203_16284746.jpg
a0062203_171788.jpg


式は当初母校で挙げるつもりだったのですが、生憎聖堂が工事中で断念。
こちらがお世話になった夙川カトリック教会です。

夙川教会は、ゴシック様式の歴史ある建物。
まるで砂糖菓子のような可愛らしいピンク色の外観ですが、中はとても荘厳な雰囲気です。

中高時代の同級生、えりちゃんがアヴェマリアを演奏してくれました。
この時は髪が長かったんだな〜。

彼女の他にも司会をしてくれた毎日放送の八木早希ちゃん、パーティーでのピアノ演奏、ウェルカムボードのお花のアレンジ、ビデオ制作、2次会のコーディネートをしてくれた友達・・・
沢山の才能豊かな友人達が大活躍してくれました。
本当に感謝感謝です。



人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2006-06-21 17:10 | 6ch *wedding
a0062203_1414105.jpg

まるでお城のようなこの建物。
サンフランシスコ ベイエリアの中でも人気のウェディングスポット、Kohl Mansion(コール マンション)です。
(アメリカで「マンション」というのはこうしたお城のような豪邸のことを意味します。)


事務所の方にお願いして中を見せて貰うことが出来ました。

a0062203_14143243.jpga0062203_1420580.jpg
a0062203_142467.jpga0062203_14242080.jpg

ゴージャスの一言。
写真左上は図書室、右上は階段のあるホール
左下はサロン、右下はエントランスです。

およそ100年前に建てられた歴史ある建物だけあって重厚感がありした。
この時、部屋の一角でインテリア雑誌の撮影も行われていました。



a0062203_14153579.jpg
a0062203_14155433.jpg

日を改めて週末にもう一度足を運んでみると、結婚式に遭遇!
この日の花嫁はインド人で、あでやかなサリーを纏った女性達の姿がありました。


a0062203_14161412.jpg

こちらが花嫁さん。
どうやらおめでた婚のようです。
どうぞお幸せに!!


人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2006-06-20 14:55 | 6ch *wedding
a0062203_13211168.jpg
a0062203_1321428.jpg

昨日に引き続き、ウェディング特集〜私の場合・会場編〜。
私達は二人の地元、神戸で式を挙げました。
式は西宮の夙川カトリック教会、パーティーは御影の蘇州園で。

蘇州園はオリエンタルな雰囲気を見事に取り入れた純日本建築で、元々は旧財閥の別邸。
最近人気の邸宅ウェディングですが、「関西の邸宅ウェディングといえばここ!」とも言われる程素敵な場所です。
中のインテリアもとても素敵なので、是非ウェブサイトもチェックして下さいね!


a0062203_1324146.jpg


パーティーは形式に捕われないアットホームな雰囲気作りを目指しました。
テーマカラーはピンク×ペールグリーン×ホワイト。
ブーケとヘアドレスをピンク、会場のお花やテーブルクロスはブーケと同化しない様にグリーンやホワイトで。
夏なので爽やかな雰囲気にして頂きました。
セッティングの殆どはプランナーの方にお願いしましたが、私達も出来るだけ「おもてなし」に参加しようと、随所に手作りを取り入れました。


a0062203_13222558.jpga0062203_13224450.jpg
a0062203_13231692.jpga0062203_13234280.jpg

ウェルカムボードと席札のカリグラフィーは、、、
なんと夫によるもの!
体育会系の夫がこの様な特技を持っていることなど私も知りませんでした。
私が必死になってカリグラフィーの練習をしていたら、横から
「下手やな〜。俺がやるわ」と・・・。
何でも留学中にカリグラフィーの授業をとっていたそうな。
アメリカでは日本のお習字のようなものらしいのです。
一緒に式の準備をすることで相手の新たな一面を知ることになりました。

フレームにあしらわれたお花は、アナウンサー時代にスタジオのお花を担当して頂いていたえみこさんに依頼。

お土産の小菓子は、義母と義妹と一緒に焼いたメキシカンウェディングクッキー。
たっぷりのバターとクルミを練り込んだクッキーで、口の中に入れるとホロホロと崩れます。


a0062203_1325225.jpga0062203_13255726.jpg

妹と十数年振り?にピアノの連弾。
もうハラハラドキドキでした・・・。

閉めは夫の弾き語り。
替え歌ラブソングで会場の笑いも取って・・・。
やっぱり関西人だな〜。


人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2006-06-19 15:55 | 6ch *wedding
a0062203_13433528.jpg

weddingのカテゴリを作っておきながら一度もアップロードしていなかった私。
june brideのこの時期にちなんで、ウェディング関連の話題を取り上げてみようかと思います。

ウェディングはこのブログでご紹介している entertaining 〜おもてなし・パーティー〜 の醍醐味でもあるので・・・

第一回目は、大変恐縮ですが私自身の場合。
(かなり前になりますが)

今日は実際に私が取り入れたウェディング小物のご紹介です。

まず、一番上の写真は私と私の妹、夫の妹達です。
妹達はお揃いのサマードレスにお花のリストブレスレットを付けてブライドメイド風に。
リストブレスレットは義母のアイデアです。


a0062203_13232445.jpga0062203_13233916.jpg
a0062203_1324677.jpga0062203_13294757.jpg

パーティーのヘッドドレスは「夜会巻きに薔薇のメリアで!」というこだわりがありました。
メリアとは、何輪かの薔薇の花びらを一度ばらしてから細いワイヤーで大輪の薔薇に組み直すという大変贅沢なもの。
プリザーブドフラワーで作ると長持ちはしますが、やはり生花の生き生きとした美しさが私は好きなので敢えて生花で作って貰いました。
(本当はもう少しシックな色合いをイメージしていたのですが・・・)

邸宅ウェディングということで、ドレスは移動し易いマーメードに肩の出るアメリカンスリーブで。
(私は背が高い方で肩も張っているので、はじめから可愛い系のドレスはパス。担当の方が私の好みや要望を鋭く見抜いて選んでくれた一着に一目惚れして即決。結局ドレスはこの一着しか試着しませんでした。)

ハートのリングピローは式の2日前に徹夜して作ったもの。
リボンやレースは白過ぎたので紅茶で少し染めました。

靴は靴関係の仕事をしている妹と母が見立ててプレゼントしてくれたもので、大切な大切な宝物。
いつかキャビネットを手に入れたらそこに飾るつもりです。


次回は会場の様子をご紹介します。



人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2006-06-17 14:42 | 6ch *wedding