我が家へようこそ! 私流おもてなし・インテリア・雑貨・衣食住・クラフトなど全14チャンネルでお送りします。おもてなし・テーブルデコレーションは5ch entertainingsをご覧下さい。


by mikity1017
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:13ch*japan( 32 )

高田梅の飴玉

a0062203_10284699.jpg
福島時代に出逢ったお気に入りのひとつ、福島県会津名物の高田梅を使用した飴「高田梅玉」。
先輩記者が会社に持ち帰ったものを頂き、初めて口にした瞬間、
「何!?この飴メチャクチャ美味しい!」
と感動してしまったのがきっかけで病みつきに・・・。
梅肉エキスがたっぷり入っていて、梅本来の味を堪能できる飴玉です。
先日の日本帰省で福島を訪れた際、市内のデパートでこれを見付けるなりまとめ買いして持ち帰りました。


a0062203_1029661.jpg
製造元は、福島市内にある丹治製菓。
直火釜を使用し、昔ながらの製法でこうした飴玉や甘納豆などを作っておられるそうです。


丹治製菓
福島県福島市矢剣町13-5
tel 024-534-1336
fax 024-534-1335


人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2007-03-20 11:00 | 13ch*japan

私の遊び場

a0062203_1053462.jpg

ここは私が小学生までを過ごした場所。
私が住んでいた住宅街の周りには広い田畑があって、私の遊び場も田畑のあぜ道。
昔はよくここで近所の友達と探偵ごっこをしたり、サワガニやザリガニ、おたまじゃくし、昆虫などを採ったりしてよく遊んだものです。
木登りだってお手のものでした。

ちなみに、サワガニは上の写真のような溝や石垣の隙間に潜んでいて、蟹のハサミに猫じゃらしの葉を挟ませながら引きずり出すのが私流の捕獲法。
多い時は20匹以上捕獲し家の玄関で飼っていたのですが、その中から脱走した数匹がおよそ半年後に下駄箱の下からひからびた状態で発見されたことも・・・。
あの時のショックは今でも忘れられません。

先日の日本帰国で「今はどうなっているのか・・・」ともの凄く気になって行ってみると、まだ所々昔のままの風景が残っていました。
懐かしいこの場所で、息子とお散歩です。

a0062203_10545342.jpg
この田んぼの向こうは清和源氏発祥の地としても有名な多田神社。
この神社の周辺一帯が当時の私のテリトリーでした。
毎日の通学路も勿論この道。

でも、楽しいことばかりではなかった通学路。
春には蛇やマムシの恐怖に震え、秋は栗のイガが沢山落ちた場所や熟れた柿が落ちてグチャグチャになった場所を通らなければなりませんでした。
今思うと、毎日が小さな冒険だったのかもしれません。
ここは私にとって最高の遊び場で、最高の学びの場でもありました。


a0062203_1054359.jpga0062203_10541598.jpg
a0062203_10542636.jpga0062203_10543850.jpg
あの時と同じ足取りで細いあぜ道をずんずん突き進み、気付けば息子の姿が見えなくなっている・・・。

泣き声がするので引き返してみると、息子はぬかるみにハマって泥だらけ。

先日「子供の心に返ってプレイルームを作る」などと言っていましたが、もしかすると私の心はまだまだ子供なのかもしれません。

人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2007-02-12 12:50 | 13ch*japan

日本で買ったモノ②

a0062203_11325093.jpg

苦楽園を散歩しながら立ち寄った和食器の店、銀屋で購入した白い鉢。
九谷青窯のものです。
シンプルなので、和洋中問わず使えそう!
銀屋さんは、人気の作家ものを中心に素敵な和食器が集められた、オーナーのセンスが光るお店です。



a0062203_11331279.jpg

そして、今回の帰省でお弁当箱の次に買おうと決めていたもの、子供用のお箸。
こちらも苦楽園にある食器店「d」にて。
このお店ではナチュラルでシンプルなテイストの器が扱われています。
以前ご紹介した木のお子様ランチプレートもここのものです。

まだ息子は2歳になったばかりですが、最近大人のお箸に興味を持ち始めたので、取り敢えずスプーンやフォークと一緒に並べておく事に。

以前ご紹介した古伊万里もしかり、日本に帰省すると帰りの荷物の殆どは「和モノ」になってしまします。

そして帰り際、すっかり増えてしまった荷物(しかも割れ物ばかり!)を前に愕然となってしまった私。
果たしてこれらをどのようにして持ち帰ろうか・・・。

割れ物を飛行機で持ち帰る時は手荷物として持ち込むのが一番安全ですが、子連れの旅で機内持ち込み荷物は極力減らしたいもの。
そこで、今回はある秘策を使って預け荷物の段ボールの中に厳重に梱包し、何とか全て無事割れることなく持ち帰ることが出来ました。

実は、この時役に立ったのが子供の余った紙オムツ!
食器を新聞紙に包み、更に余った紙オムツの束を詰めようとすると嵩張る一方ですが、新聞紙の代わりに紙オムツをクッションにすると、持ち帰ってもゴミになるだけの新聞紙をわざわざ荷物にせずに済むのです。
オムツ付きのお子様連れの旅を予定されている方は、是非お試し下さい♪

銀屋
西宮市樋之池町24-17
0798-70-7557
12:00〜17:00
火曜定休

utuwa no select shop d 
西宮市松生町18-24
0798-70-3197
11:00〜19:00
水曜定休

人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2007-01-23 11:51 | 13ch*japan

さよなら日本

a0062203_1525297.jpg
日本に久し振りに帰って来ていつも感じることは、夜の街が明るいこと。
昨日の夜景の写真は神戸から大阪方面に向かった夜景でしたが、今回は大阪のど真ん中からの夜景です。

丸2ヶ月にも及ぶ日本滞在。
アメリカに戻る日の前日は、大阪に住む親友の家でのんびり。
写真は、彼女の住む高層マンションの上からの眺めです。
阪神間を見渡し、関西での楽しい思い出を振り返りながら感慨に耽っていました。

故郷の関西を離れる名残惜しさと早くアメリカに戻りたい気持ちが入り交じって、何とも複雑な気分です。

人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2007-01-16 15:23 | 13ch*japan

屋根裏探検

a0062203_15435927.jpg

このお正月、夫の実家の屋根裏へ潜入。
義父と義妹の屋根裏探検?に混ぜてもらいました。
写真は、義父の幼い頃のアルバムの中で見付けた1ページ。
そこには、当時住んでいた家の近所の地図(およそ50年前の)が詳細に描かれていました。
「犬のいるパン屋さん」「貸本屋さん」「墓場」「先生の家」・・・
当時の義父の探検コースが頭に浮かぶと同時に、その行動範囲の広さに驚愕。
眺めているうちに私までワクワクしてしまいました。


a0062203_154425100.jpg
こちらが地図の作者。

a0062203_15443848.jpg
義父も知らない方達の写真。

a0062203_15445265.jpg
恐らく義理の祖母の女学校時代の写真。
当時の人々の服装、味わい深いモノクロ写真・・・
「古いもの好き」の私にとっては、なかなか面白い屋根裏探検でした。


a0062203_1545626.jpg
屋根裏の窓から見える眺め。
年甲斐もなく、椅子によじ登って天窓をこじ開けて撮りました。
阪神間が一望出来ます。
これが夜になると・・・


a0062203_15452084.jpg

このような感じに。

人気blogランキングへ


[PR]
by mikity1017 | 2007-01-15 16:22 | 13ch*japan

Poisson d'Avril

a0062203_13582190.jpg
苦楽園のイカリスーパーの裏手にある小さなケーキ店Poisson d'Avril ポワソン ダブリル。
帰国中、私はここのケーキの虜になってしまいました。
店名は、フランス語で「四月の魚」という意味。
何でもフランスではエイプリルフールに魚の形をしたチョコレートを愛する人に贈る習慣があるらしく、そこから由来しているものと思われます。

一つの店で数種類のケーキを買って食べた時、大概「私のお気に入り」が選べるのですが、今回はどれも美味し過ぎてお気に入りを一つに絞ることが出来ませんでした。
今回頂いたケーキ全てがお気に入り。
お店のケーキ全品制覇したい位です。

ここのケーキの美味しさの秘密は、「巧みなリキュール使い」ではないかと勝手に推測しています。
その証拠に、店の奥の作業場には様々な種類のリキュールの瓶が・・・。

日本の食文化、ケーキ店のレベルの高さを痛感させられた今回の帰国。
いつでも行ける状態でないとなると、ついつい「滞在中にあれもこれも」となってしまう私。
「アメリカの食生活は太る」と思われがちですが、私の場合はその逆。
日本に帰ると太ってしまうのです・・・。
もうダイエットなんて気にしてられませんっ!

兵庫県西宮市南越木岩町3-13 アンダンテ1F
TEL 0798-72-8348
阪急甲陽線・苦楽園駅(徒歩5分)
営業時間 10:00〜19:30
日曜定休日

人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2007-01-14 18:22 | 13ch*japan

めっきらもっきらな場所

a0062203_14275374.jpg
息子の最近のお気に入りの絵本『めっきらもっきらどおんどん』。
この表紙を見て「懐かしい」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

少年かんたがお社の木の根っこの穴に吸い込まれ、夢の世界で出逢った3人の愉快なおばけ達と友達になるお話です。

おやすみ前にいつもこの本を読み聞かせるのですが、「もう一回」「もう一回」とせがまれ、一時間以上読み続けたことも・・・。

実はこの絵本、私のお気に入りでもあるのです。
文章のリズム感とユニークな絵が大好きで、私も小さい頃夢中になって読んでいました。

先日、この絵本の世界観によく似た「めっきらもっきらな場所」を見付けました。



a0062203_1427385.jpg
小さなお社と苔の生えた御神木。
「もののけ」が住んでいそうでしょう♪


a0062203_14272285.jpg
ここは大人を子供に戻してくれる場所。
忘れかけていた大切なものを思い出させてくれる場所です。


a0062203_14273799.jpg
お社の周りに広がる長閑な里山の風景。
日本に帰国した時には必ず子供をここに連れて来ることに決めました。

人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2007-01-13 15:09 | 13ch*japan

Le Dimanshe

a0062203_1212335.jpg
神戸トアロード沿いにあるパン屋さんLe Dimanche ル・ディマンシェ。


a0062203_12125221.jpg
ピンクの壁にシャンデリアの輝く店内。
まるでパリのパン屋さんのような佇まいです。

a0062203_12132029.jpg
ここのパンは、田園調布のメゾンカイザーで修行を積んだ方が作っているのだそう。
私のお勧めは、クリームたっぷりのクリームパンです。
写真を撮るまで待ちきれずに食べてしまったのでここには写っていません。

a0062203_12134736.jpga0062203_1214748.jpg
お店の名刺もカワイイのです☆

神戸市中央区北長狭通3-12-16
078-331-8760
10:00AM~8:00PM

人気blogランキングへ


[PR]
by mikity1017 | 2007-01-12 12:27 | 13ch*japan

RED CLOUD

a0062203_1059664.jpg
神戸のトアウェストにあるダイニングカフェ、RED CLOUD。


a0062203_11182124.jpg
学生時代の思い出の場所でホッと一息。
ヴィンテージ家具でまとめられた店内で、ノスタルジックな気分に浸っていました。

この壁紙とソファの組み合わせ、ステキ。。。


a0062203_111853100.jpg
私のお勧めは、牛肉のラグーサンド。
こんがりと焼かれたパンに適度にソースが滲み込み、柔らかい牛肉が口の中でほぐれていく・・・
んーっ、たまりません!

RED CLOUD(レッドクラウド)
兵庫県神戸市中央区北長狭通3-9-10
078-321-3733


人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2007-01-11 11:32 | 13ch*japan

可愛いパッケージ

a0062203_031220.jpg
可愛らしいお家の形をしたパッケージ。
中身は・・・


a0062203_0314777.jpg
紙に包まれたキャンディーやチョコレート。
前の職場の先輩からおつかいを頼まれ、初めて購入したmorozoff grand モロゾフ グランのパッケージです。

普通のモロゾフのお菓子は各地で購入可能ですが、このモロゾフ グランは今のところ神戸限定のお店。

素朴でナチュラルな味わいの焼き菓子やチョコレートに可愛いパッケージ。
神戸のお土産にお勧めです。

人気blogランキングへ
[PR]
by mikity1017 | 2007-01-10 00:33 | 13ch*japan